バッテリーあがり対策!保持充電器

頻繁に乗るならともかく、たまにしか乗らない&冬はほとんど乗らなくなるパパは完璧なバッテリーあがりを経験した。

この反省からGNを車庫に置いている間は常に充電器を接続している。
何台か充電器を所有しているのでご紹介。

オプティメート4

バッテリー対策しているバイクはうちに2台あって1つ目はオプティメート4という充電器だ。
製品サイト

この充電器はかなり多機能で強力サルフェーション溶解機能で弱ったバッテリーも回復させてくれるというものだ。定期的にバッテリーの状態を診断したりとハイテクコンピューターを内蔵。付属の防水キャップ付きコネクタをバッテリーに繋げておき、家に帰ってきたらこの充電器とワンタッチで接続するだけという簡単な方法で使い出してから一度もバッテリーが不調になったことがない。接続プラグも防水キャップがついていて雨の走行も安心である。

普段の使い勝手としてはコンセントには繋げたままで、バイクに乗るときはコネクタを外すだけだ。帰ってきたらコネクタを繋げるだけでまた充電再開で非常に簡単だ。

バル(BAL) バイク用充電器 No.1734

サルフェーションは年中使うものではないと思ったので、2台目の充電器はもっと安価でトリクル機能だけあるシンプルなものを選んだのがこれ、バル(BAL) バイク用充電器 No.1734である。でも一応サルフェーション対策付。

普段の使い勝手は帰ってきたらコネクタを繋げるだけ・・・では充電されず、スイッチをバイクモードにセットする。オプティメートに比べ、ひと手間必要だ。

あと、この充電器にはオプティメートにあったようなバッテリーと簡単につなげるコネクタが付属しておらずワニ口クリップのみである。このままだとGNのバッテリーに繋げるのは非常に面倒だ。
簡単接続にするためにハンドル部にバッテリー直結で取り付けたシガーライターソケットを取り付け、充電器側のワニ口もシガーライターソケットに付け替えた。

ちょっと値段が高いと思ったがこのシガーライターソケットは防水対策がしてあり、USB電源もあるので他のカーナビやmp3プレイヤーの充電にも使えて重宝する。キー連動でないのスイッチを消し忘れやすいが、バイクを離れるときは接続機器を外すことが多いので問題はないだろう。(他にUSB無しのシガーライターソケットのダブルやコンパクトなシガーライターシングルもある。)

使用したシガーライターソケット(USB付)
どちらもバッテリーが放電しきった電圧0vバッテリーの充電は出来ないようでその場合は強制的な充電器が必要。

(2012/4/5追記
このシステムでこの冬を越して1年が経過した。共にセル1発始動で順調である。
ケースバイケースでどちらもオススメです 😉

(2012/11/20追記
先日バッテリー液を点検したら、BALで充電していたGN125のバッテリー液はなんとだった!
前回の点検がいつだったか記録をつけていなかったのでなんとも言えないけどもしかすると常時充電はやばいのかも!?
オプティメート4を繋げていた400ccの方は全然平気。やはり高いだけあるのかな?^^;

(2013/6/15追記
BALに変わる良さ気な充電器を購入しました。
レポートはこちら→バッテリーあがり対策!保持充電器(その2)

バッテリー切れ

GN125H純正バッテリー

寒がり体質なパパは最高気温が15度をマークしないとバイクに乗れないのだが、今日は暖かくてもう春だな~!

よし今日こそ3ヶ月ぶりにGNに乗るぞ!!

久しぶりの高揚感。い・い・イクぞ・・、興奮を抑えてスイッチオン!!!

ギアポジションランプが点かない

 

 

 

メーターのギヤポジションランプすら点かないし・・・

 

 

まあセルが回らないとか多少弱ってるだろうなーとか想像してはいたが、豆電球も点かないほど電圧が無くなっているとは思ってもいなかった。

バッテリーチャージャーの電圧メーターに繋げるとなんとゼロだった・・・死んでんのか?

バッテリー充電

・・・・ということで今日も乗る機会を失ってしまった。とりあえず3月に入ったらオイル交換とマフラーの防錆剤注入をやろうかなとか思っています。

GN125Hのバッテリーの外し方

GNのバッテリーをまだ見たことがない方へちょっと解説しておこう。

バッテリーへのアクセスは右足側のサイドカバーに収納されています。開け方は上のほうを手前に引っ張って外してから下の爪を外します。

GN125Hのサイドカバー

バッテリー液の減り方

新車で2010年7月に買って、7ヶ月間たったバッテリー液の量です。最低でも6ヶ月毎に液面チェックはしておいた方がいいみたいですね 😉

GN125H純正バッテリー

バッテリー充電器

トリクル充電とかいろいろあるみたいですが、2台ほど購入してレポートしてみました。(2011/9/18)

テール周りのパーツ交換

GN125H テール周りパーツの変更

ノーマルもいい感じだが、GNを買ったのはストリート風に憧れてのことだからリア周りをすっきりさせてみたくなってブレーキランプとリアウインカーとリヤキャリア(グラブバー)を交換してみた。

サドルバッグの取り付けるために強度の弱そうなナンバープレートねじにリアウィンカーを取り付けなければならなくなったからであるが、バランスを考えてテールランプも小さくしようと思ったのである。

GN125H テール周りパーツの変更

“テール周りのパーツ交換” の続きを読む

ヘッドライトバルブの交換

GN125Hヘッドライトバルブの交換

GN125Hのヘッドライトはものすごく暗い・・。
明るい都会ならともかく街灯のない田舎だと危険すら感じる。

GNを買って、恐らく最も先に対策を打ちたいチューン、噂のバルブM&Hマツシマ H4BS 12v 35/35Wに交換をしてみた。

M&Hマツシマ H4BS 12v 35/35W   

バルブの交換

まず、プラスドライバーで下の2箇所のネジを外す。

GN125ヘッドライトバルブの交換、ねじ外し

ネジを外すとライトのレンズが外れる。メインバルブとポジションバルブの2つの線が繋がっている。

GN125ヘッドライトバルブの交換、レンズはずし

ポジションランプは差し込んであるだけなのでそのまま抜く。

GN125ヘッドライトバルブの交換、ポジションはずし

メインバルブの留め金を外すとケースからバルブを抜くことが出来る。

GN125Hヘッドライトバルブの交換

M&Hマツシマ H4BS 12v 35/35W(左)と純正バルブ(右)の比較。

M&Hマツシマ H4BS 12v 35/35Wと純正バルブ

効果

照らしてみるとオレンジだった光が白くなった!
まぁ、確かに明るくなったような気がする・・というレベルだがこれならまだ夜に走ってもいいかなと思える。
市街地なら十分だろう。ただ、うちはハイビームをよく使うような田舎だ・・(;^ω^)

簡単に交換できるので、とりあえずGNを買ったらまずやりたいカスタムなのでは。