リアキャリアとリアステップバンパー

140304-P1080770

いま付いているGN125H用のリヤキャリアはグラブバーから荷台を付け足したような形状で、実用性を確保しつつもオリジナルのGN125Eのスタイルを壊さないそのスタイリングは非常に格好良い。多くのGN乗りが取り付けているリヤボックスが取り付け可能でツーリングにはかなり重宝する。

しかしリヤボックスをつけてしまったセクシーライダーのケツはぜんぜん見れなくなってしまい・・・(;´Д`)
あ いや GNはちゃんとバイカーファッションで乗ってもキマるバイクなのでわざわざゴツくて使いにくいバイカーズウォレットをケツに差したり、デジカメ入れにレザーのメディスンバッグを腰にぶら下げたりとパパも張り切って格好つけて乗るようにしているのだがリヤボックスがあると隠れて残念な感じになってしまう。

なのでバイクの荷物は極力リヤシートの横に取り付けられたサドルバッグに入れるなどして、後はスッキリさせるのが最もスマートなスタイルだと思う。

それとは逆行してしまうのだが、もう一つ格好良いと思うスタイルがキャンプ道具を満載した旅仕様である。GN125Hのキャリアはリヤボックスを取り付けるには十分だが、大きなコンテナボックスを載せたいとかとなるとスペースが足りず、リヤシートまで荷台が延長されているGN125-2F用のキャリアであれば固定しやすく頑丈そうだ。

そしてさらにもっと積載量をアップさせるためにサイドキャリアも物色した。最終的にはスタイリングがいいタンデムステップ兼リヤバンパーに決めて荷物をくくりつけようと考えたのだが、あまりに横幅が出てしまい走りにくいので結局普通のサドルバッグを装着することにしてしまった。かなり無駄な買い物だったような・・・。

140304-P1080772

それにしてもどうしてよく誤発注してしまうのだろう。なんとこのリアキャリアは2つも発注してしまいトータルの重さが14㎏。送料は1万円を超えてしまった。商品代は5000円くらいだったがトータルで15000円以上かかってしまった。

140304-P1080769

・・・これだけ時間を費やして商品を物色したり費用をかけたというのに、結局リアボックスとソフトバッグの組み合わせが使いやすく、こんな感じで全ミーに出かけてしまいました。これでテント、シュラフ、エアマット、ガソリンストーブなど炊事道具一式です。あとは着替えや洗面具、更には共同購入した倶楽部Tシャツ20着ほど!センタースタンド掛けるとフロントが浮くほど積めます^^

140304-DSC09746

このリヤキャリア、後ろに少し延長されたのか積載量がアップしたようなしないような・・・!?

エンジンガードを装着する

エンジンガード

取り付けたエンジンガードはGS125用のものであるが、GN125Hにはそのままポン付けで装着可能で30分位で取り付け出来る。マフラーのエキパイに接触しそうになるが微妙な隙間でセーフだった。

エンジンガードの取り付け

このエンジンガードに革を張れば防風効果で膝に優しいし、小さなバッグを取り付けてHIDのバラストなど電装品の収納してみたらと夢は膨らむ・・
エンジンガード

ところでこのエンジンガード、へんなおじさんがなんとパパの自宅まで3時間もかけてエンジンガードを届けてくれたものである 😯

昔タオバオでエンジンガードの購入を失敗した経緯があり、気の毒に思って自分が使っていないGS125用のものをわざわざ持ってきてくれたのだ。ナント ヤサシイオカタ・・・・

おじさん、ありがとう!

HIDヘッドライトに交換

HID装着後

GN125の欠点を挙げればまずトップに出てくるのはヘッドライトが暗いということだ。昼間乗るのがほとんどでもロングツーリングともなればどうしても夜間走行することがある。
街灯もない田舎道だと命に関わる問題だ。

GN125のバルブはH4BSというちょっと特殊(?)なものだったので簡単に交換出来るHIDを見つけられないでいたのだが、ついにタオバオにハウジング交換でイケそうなのを発見したのでご紹介。

HID装着後
HID装着後

“HIDヘッドライトに交換” の続きを読む

革製タンクカバー(前編)

旭風防の革垂れを作ったはいいが、タンクとの色がマッチしないからなんか妙な感じだ。

南白亀氏の海老茶カラーのタンクを入手したかったんだけど、

いまだタオバオの注文の仕方が分からなかったりして( ^ω^)・・・

タンクの注文は課題にするとして、とりあえず同じ革でカバーを作ってるみことにした。

“革製タンクカバー(前編)” の続きを読む

旭風防を革垂れ化

旭風防で帆布の深い緑がミリタリー調で男の渋さを醸しだす重要なファクターになることを確信したパパは嬉々としてWEBでアップしたものの、コメントでは珍車扱いされて散々な目にあってしまったのだが、ここで挫けるようなパパではない。

以前から計画していた革垂れを夏の暑さも過ぎ去ったところで華麗に Debut!

真っ赤な革が無かったのでそれに近そうな焦げ茶をセレクトしたがやはりちょっと違和感があるかな?同じ革でタンクカバーも作ってみるか・・・。

型どりして裁断してすぐ取り付けようと思ったが、つい色気を出して縁の周りをかがり縫いしてみたら時間の掛かること掛かること、毎晩徹夜して1ヶ月掛かってしまった。

ちなみに取付ネジは奮発してSilver925のコンチョにした。コンチョ代だけでもう一つ旭風防が買えてしまうことをママには内緒にして欲しい。

フォークブーツと相まって、よりクラシカルなGNとなった。もう珍車とは言わせない。

珍車を画像検索したら、笑える画像だらけだった・・・orz

旭風防No.99 スポーツとミニの比較

痛恨の誤発注!旭風防No.99のスポーツミニの両方がいま手元にある。

ま、ポジティブシンキングなので実物を検討出来るいいチャンスを得た。開封しないようにして片方を返品しよう・・・・。

ちなみにパパは基本的に風防が無いほうが好きである。ハンドルが重くなると運転しにくいし、バイクに乗るのはほとんど短時間でスピードを出すこともないので風圧で疲れることもない。この条件だと風を受けたほうがバイクの気持よさを味わえるのである。

しかし来月長距離ツーリングをすることになり必然的に平均車速が上がるから、GNのライディングスタイルでは上半身に受ける風圧でけっこう筋力を使う。ダイエットにはいいのだがもう歳だし疲労をなるべく抑えたくなった。

そこでハンドリングに影響がない軽そうな旭風防を選んだわけだが、スポーツとミニがありスクリーンの長さだけが違いどちらにするかは誰でも悩むところだと思う。

それではスポーツとミニの比較を実証してみよう。

旭風防No.99スポーツ(左)、ミニ(右)

“旭風防No.99 スポーツとミニの比較” の続きを読む