Bluetoothインカムと特小トランシーバーを使ってみた

バイクというのは走行中、けっこう孤独である。

仲間とツーリングしてても、信号待ちで隣と話をするくらいなもので、たとえタンデムでもひとたび走り出せばエンジンノイズと風切り音で声はかき消されてしまう。

それが近年は中華のbluetoothインカムが1万円以下で手に入るようになってかなり普及するようになった。

パパのバイク仲間でもそれが流行りだして、勧められてそれじゃあと購入してみた。使ってみれば非常に便利で楽しく、スマホと連携させれば一人の時でも十分活用できることが分かり、いまではツーリングにはなくてはならないアイテムになった。

興味が出るといろいろ研究したくなるもの、昔からある連絡手段で免許不要な特小トランシーバーというのも試してみた。

Bluetoothインカムと特小トランシーバーはそれぞれメリットとデメリットがあり、どういうシチュエーションでどちらの使用がいいのか、または両方併用が可能なのかをレビューしつつ考察してみたい。

“Bluetoothインカムと特小トランシーバーを使ってみた” の続きを読む

冬眠からの目覚め

明日のツーリングに備え、冬眠させてたGN125Hの整備をおこなう。

前回乗ったのは12月の大洗ツーリングだったから、実に3か月ぶりだ。
(四半期に1回くらいしか乗らないからブログ更新も出来ないんだよな)

開封の儀式

さて、相変わらず散らかり放題の倉庫でGNの発掘作業に取り掛かる。

散らかり放題の倉庫
さてGNはどこにあるでしょーか?

それではこれからシーツを剥がす。ここが一番ドキドキする。
全ミー出発前はカビだらけだったからだ。

GN125
脱がす時が一番興奮するよな

はーよかった、カビてない!やったよカビてない!

とてもきれいだ
とてもきれいだ

エンジン点火

さて、スムーズにかかるかな?

スイッチオン!

GN125

あれ? ニュートラルランプつかない。・・なんでだろ?

GN125

わー!! なんてことだ。コネクタ接続されてない!!!!!1

3か月充電されてなかったのか。。。久しぶりのorz
(そういえば前もそんなことあった

オイルとフィルター交換

充電開始。気を取り直してオイル交換するか。

GN125
パーツは信頼の純正部品を使おう!

ちなみにマグネットドレンボルトの鉄粉はこんな感じ。

GN125
ああ、こんなに鉄粉ついてる!いっぱいとれてる!これに替えて本当によかった!

それからフィルターカバーのOリングも交換しておく。

GN125
まるでワッフルのようだ

チェーンの注油

チェーンが汚い。ギトギトでこびりついてる感じ。

GN125

コマ1個1個を灯油と歯ブラシでこすったりしてきれいにした。

GN125
灯油・歯ブラシの後の仕上げにパーツクリーナー
1280-DSC02022
驚きの白さに

チェーンルブのスプレーし、余分なオイルをふき取って完了。

タイヤの空気圧チェック

ラストはタイヤの空気を補充してメンテナンス終了とした。

GN125

グリップヒーターの取り付け

・・・ようとしたのだが、どこにしまったか分からなくなっていた、二度目のorz。

GN125
やはりこれが確実だな

さて、明日のツーリングだが、充電間に合うだろうか。

かからなかったら野良さん、すまないけど次ぎ会うとき払うから弁当は山分けしてください。
寒い中これだけ頑張ったんだ、わかってくれるよね。

もう眠いよ、パトラッシュ・・・・

グリップヒーターを注文


アマゾンのウィンターセールにて。

キジマ(Kijima) グリップヒーター GH05-2 巻き付けタイプ

が2,618円と激安だったので注文してみた。

装着

すでにシガーライターソケットを付けていたので取り付けは簡単でしたよ。
紐の位置をどうするか悩んだけど。

スイッチを入れるとすぐに暖まりました。
これで寒くても多少安心ですね(・ω・)ノ

洗車

今週末は久しぶりのツーリング。洗車でもしようかな!

散らかりまくった倉庫に眠ってるGNのシーツをはがしてみたら・・・・

1024-DSC00355

 

うあああぁ・・カビまくってた。

1024-DSC00353

1024-DSC00356

革だろうと何だろうととにかく洗車ブラシで洗いまくりました。革は濡らすと柔らかくなり、乾くと硬くなる性質なので乾かすときはちゃんと整形しておけば大丈夫です。バイクに使うような革製品は風雨にさらされてヤレるほどかっくいいのでこれを繰り返すとカウボーイのような風合いが出ていいんです。

1024-DSC00363 1024-DSC00366

これでミーティングでは清潔なバイクをお見せできますのでよろしくお願いします。