ステムベアリングの交換

新車購入して6年が経ち、距離数は1万5千ほどだが、ハンドルに異変が生じてきた。
ハンドルがある角度を通過するときに引っかかりというか、二つ折り携帯電話で開いた時にカチッてなるような感覚がある。

これはステムベアリングという部品のボールがレースという部品の接触箇所を窪ませてしまうことで起こるらしい。

オーナーズマニュアルによると、2年毎あるいは2万km毎にグリスを塗布しろとあるがまったくやっていませんでした、ごめんなさい。
こういう症状が出てしまうともう交換するしかないらしい。

レースの交換はパパは自転車でしかやったことがないので途方に暮れてたが、(バイク屋行けよって)、GN倶楽部のメンバーのご厚意で部品の調達から交換作業まですべて面倒みて頂きました。
自分でしたのは「ハンドルがスムーズに動かないよう(つд⊂)エーン」と嘆いただけ。
仲間は本当にプライスレス。

これは皆さんのご協力によって見事にこの問題を解決した記録である。

今回協力してくださった方たち

“ステムベアリングの交換”の続きを読む

ブレーキフルードを交換する

ツーリングシーズンに備えてメンテナンスをする。
洗車して点検、オイル交換、チェーンの注油などがメインだが、フロントブレーキがレバーを握りきってしまうぐらい効かない状態になっていたのに気が付いたのでブレーキフルード液を交換した。

フルード液の交換方法についてはこちら

“ブレーキフルードを交換する”の続きを読む

Bluetoothインカムと特小トランシーバーを使ってみた

バイクというのは走行中、けっこう孤独である。

仲間とツーリングしてても、信号待ちで隣と話をするくらいなもので、たとえタンデムでもひとたび走り出せばエンジンノイズと風切り音で声はかき消されてしまう。

それが近年は中華のbluetoothインカムが1万円以下で手に入るようになってかなり普及するようになった。

パパのバイク仲間でもそれが流行りだして、勧められてそれじゃあと購入してみた。使ってみれば非常に便利で楽しく、スマホと連携させれば一人の時でも十分活用できることが分かり、いまではツーリングにはなくてはならないアイテムになった。

興味が出るといろいろ研究したくなるもの、昔からある連絡手段で免許不要な特小トランシーバーというのも試してみた。

Bluetoothインカムと特小トランシーバーはそれぞれメリットとデメリットがあり、どういうシチュエーションでどちらの使用がいいのか、または両方併用が可能なのかをレビューしつつ考察してみたい。

“Bluetoothインカムと特小トランシーバーを使ってみた”の続きを読む