マフラーの防錆剤塗布(2回目)

マニュアルによると6ヶ月毎にマフラーに防錆剤塗布をしろと書いてある。

納車時にマフラーの防錆剤塗布をやってから8ヶ月経っていたので2回目の塗布を実施した。

マフラーに防錆剤

1.エキパイ部のネジ2本を外す。

エキパイ部のネジ2本を外す

エキパイ部のネジ2本を外す

2.タンデムステップのボルトを外す。

タンデムステップのボルトを外す

タンデムステップのボルトを外す

以上でマフラーが外れる。すごく簡単。

ちなみにエキパイ部から写真を撮ってみた。うっすら錆びているような気がする。

塗布前のマフラー内部

オイルを注入する前にマフラーの口をテープで止める。排気口と途中の小さな穴2つ、注入後はエキパイの穴だ。

穴をテープで塞ぐ

今回注入するオイルはマニュアル通り4スト用のエンジンオイルだ。約100ccほど注入してテープで塞ぎ、オイルが内部を満遍なく行き渡るようにマフラーをあちこちに傾ける。

腕も疲れてきたころ、テープを剥がして覗くといい感じにコーティングされているようだ。

オイル塗布の状態

ガスケットを新品に交換してマフラーを取り付ける。ガスケットは何かのついでにまとめ買いしておいてある。

ガスケット

テープを外してエンジンを掛ける。暖まってくると白い排気ガスが吹き出してきた。

白い排気ガスが

そのままひと回り近所を走ってみたら、かなりの白煙で後ろの車が迷惑そうに車間をあける。試運転は車が少ない夜のほうがいいみたいだ。大体2~3kmで白煙はおさまるようだけど。

このGN特有(?)のメンテであるがマフラーは軽くて簡単に外れるのでそんなに大変ってわけじゃないけど、面倒といえば面倒。そこはやはり廉価バイクの宿命なのでしょうか 🙄

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 南 白亀 より:

    パパさん
    メンテお疲れ様です。

    バイクでなるべく触りたくない処エキパイの取り付けボルト
    結構熱でもろくなっていてチョット強く締めつけると簡単に
    折れてしまいます。トルクレンチで1~1.2kと割と
    弱めの締めつけトルクです。
    それにタオバオでの販売価格130元==日本円1950円ぐらいなので
    錆びて穴があいたら交換で良いかと考えています。

    • DIYパパ より:

      マフラー安っ 😯
      仰るとおり、部品を傷めるリスクのほうが高いのかも。また、他にやるべきメンテ場所があるのでは、という気がしてやみません 😕
      恐らくこれを実行している真面目な(?) :mrgreen: ライダーはあまりいない自信があります。

      ボルトの締め付けは馬鹿力はだしていないと思うけど、今回ちょっと強めだったかな? 🙄 ちゃんとトルクレンチ使ったほうがいいですね、アドバイス感謝です。

  2. Cervo より:

    >DIYパパ殿 GW如何お過ごしでしょうか?今日は、平日なので銀行や役所などに野暮用に出かけていますが、どこも混んでいます。さて、マフラーの防錆処理ですが、確かにこの方法を律儀にやっているユーザーは見たことありません。国内で流通しているオーナーズマニュアルにもサービスマニュアルでも聞いた事がありませんでした(笑)チョイノリ主体だと結露やエンジン排気の水が飛ばしきれず、残ってしまいマフラーが腐るのは二輪も四輪も同様ですが、いつも高温に晒されるエキゾーストパイプ付近の内面は、表面が焼き〆られて表面は錆びていてもそれ以上進行しません。メガホン部の一番低い部分のドレン穴が詰まっていないかチェックし、時々そこからオイルスプレーをぶち込むぐらいでいいのじゃないでしょうか?南白亀さんの言われる通りタオバオから輸入が良さそうですが、恐らく送料で部品代の2倍以上はいくと思います。仲間を集って纏め買いで節約したいですね。そうそう、熱でもろくなるボルトですが、カジリ留めのスレッドコンパウンドなるケミカルが良いようです。私は持っておりませんが、ステンボルトか、黒染めの硬いボルトと交換が吉かも。

    • DIYパパ より:

      いや~ ちょっとマフラーの防錆剤塗布が出来るからっていい気になっていました! :mrgreen:

      やっぱり聞いたことありませんか、これはなにか特別なスキルなような気がしてならなかったんです・・・ 😐
      確かに外さずとも排気口からオイルを流すだけでいいような気もしますが、一人前のGNヒトバシラーを目指しているのでもうあとに引けなくなっております 😈

      最後のコンパウンドとかの話は難しくてよく分かりませんでしたが、ほんとお詳しいですね~ 😀

    • Cervo より:

      エキパイの取り付け部は、高温になるため、ボルトも錆びや熱で劣化が進みます。頻繁に脱着を繰返すと、ある日突然「ポロッ」と折れてしまう事があります。出来ればあまり触りたくない場所ですが、消耗品と割り切って新しいボルトに交換がよろしいかと。ホームセンター建材用のボルトは脆いので、強度のある高めのボルトがいいですよ。スレットコンパウンドとは?
      http://www.abit-tools.com/ippin_pages/etc1/wako_comp_ippn_a.html
      欲しいとは、思っているのですが、私はいつもモリブデングリスで代用しております。
      まあ、プロじゃありませんからね(笑)
      学生時代からバイクいじりを始めて、ウン十年経ちますが、耳年間ですよ。

    • DIYパパ より:

      やっと理解できました :mrgreen:

      エキパイのネジで折ったら最悪ですもんね。バイク屋で売ってるネジは高いなーとか思っていましたが、もしかすると強度が高いのかもしれませんね。

      コンパウンドはこんなのもあるとは知りませんでした。ネジがなめたりするのもこれが原因ですよね。この前雨ざらしの原チャリのミラーのネジ折れて凹んでいたんですよ。
      500円位の小さいチューブないかな 🙄

    • Cervo より:

      ワコーズのオイルやケミカルは、プロに絶大な信望がありますが、いかんせん高いです(笑)
      同じ効能で、小分けにしたディトナ製の「カッパーコンパウンド」ってのが1,000円位で売られています。コレでも使い切るのは何年も掛かるでしょうね。私も色んな種類のグリス持っていますが、減りませんよ(笑)
      http://www.geocities.jp/ys_ambitious_site/grease.html
      一般的な「芋グリス」はリチウム系の万能グリスですね。これで大抵は大丈夫ですがベアリングに突っ込むのならウレア系も良いと思います。私は、マニアックなので色々試して遊んでみたい口です(笑)

    • DIYパパ より:

      ふむふむグリスって厳密な使い分け必要なんですね。刈払機でよく使うリチウムグリスとCRCぐらいしか使っていませんでした。

      とりあえずかじり防止のウレア系をチェックしてみるのが良さそうですね。