ブレーキフルードを交換する

ツーリングシーズンに備えてメンテナンスをする。
洗車して点検、オイル交換、チェーンの注油などがメインだが、フロントブレーキがレバーを握りきってしまうぐらい効かない状態になっていたのに気が付いたのでブレーキフルード液を交換した。

フルード液の交換方法についてはこちら

そう言えばブレーキフルードの量が足りない気がする。ふたを開けてブレーキレバーをにぎにぎするとエアがぶくぶく底から出てきた。

よく見たらフルード液の量がlowerラインよりも減っている。色も無色だったのがずいぶん濁ってしまっている。ブレーキが効かなくなったのはフルード液が原因なのか分からないけど、とにかく交換することにした。

交換してみるとどうだろう、レバーは握りきってしまうほどフニャフニャだったのが、握った瞬間ブレーキが利くようになった。
というか遊びがもっと欲しい。量が多すぎなのだろうか・・?

とにかく、もうフニャフニャじゃなくカッチカチになったわけさ・・(; ・`д・´)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. かんち より:

    Dパパさん

    知らない間に年限は経っているものですね。

    でも、これで全ミーも安心して参加できますので、めでたし、めでたし!
    ( ´ ▽ ` )ノ

    • Dパパ より:

      そうですね、最初の頃はちょくちょくいじっていても、いつの間にか怠慢になってしまっていたようでした。
      反省反省・・・