第7回全国ミーティングに行く(10月8日)

集合場所に全ミー第3回と第4回で行った道の駅三岳に設定したり、第1回でやった開田高原ミニツーリングという古参にとっては懐かしい思い出が引き出された心憎いイベントに参加者は大いに喜びました。
企画から当日の取り仕切りまで幹事役を引き受けて下さった愛知県のGT-ブラザーズさんには本当に感謝です。

イベントの雰囲気をお伝えするために、挨拶させてもらった冒頭10秒間ですw
(音が出るので注意。ぐ~さん撮影ありがとうございました。)

懐かしい方々とも話が出来てとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
新しくお会いできた方も大勢いて感謝。
皆さん本当にありがとう。

詳しいことなどは倶楽部サイトのイベントブログへ。
乞うご期待!(゚∀゚)ノ

【余談】憧れのJUN姫さんとツーショットw

あれからもう4年か、月日の流れというのはほんとに・・

第3回全国ミーティング帰り(2013年5月)

第7回全国ミーティングに行く(往路)

10月6日(金)

待ってましたGN倶楽部の全ミー。だいたい長野県で行われることが多いが、今年の開催場所は木曽町で行われることになった。

家から木曽町まで350km以上と一般道だけのツーリングとしては非常に遠い。関東の北ルートチームと一緒に行かせてもらうことにしたのだが、集合場所の道の駅下仁田が家から200km先にありw、集合時間に余裕をもって間に合わせるために人生初のネットカフェ(快活クラブ本庄店)に泊まることにした。

パソコン、(ero)dvd、コミック、無料のドリンクバーやソフトクリームなど娯楽施設が充実していて興奮した。
天井が開放されているから個室とはちょっと言い難いけど12時間の滞在で約2000円である。一人で素泊まりするならこれで十分じゃないか?いや食事もパソコンから発注すると部屋まで持ってきてくれる。

充実し過ぎて眠れないという罠に見事はまる。

10月7日(土)

同じく、ぐ~さんも一緒に泊まっていたのでそろって出発する。
ほとんど眠れていないのに昨日に続き今朝も雨が降っているから憂鬱だ。
ただ夜中は激しく雨が降ったようだが、だいぶ小雨になっていてまだよかった。
ローカルミーティングなら中止になる天候でも全ミーは違う。
キャンプ用具に加え、全天候に対応する装備が必要になるのでGNのキャリアはフル満載だ。

これだけ積んで長距離を何ともせず走破するGNのコストパフォーマンスはやはりすごすぎる。

先日も消耗部品やカスタムパーツなど取り寄せて取り付けたが、価格は非常に格安でリーズナブルにGNはアップグレードした。
購入はamazonでも中国の小売業者が直接発送しているようだが、コスパ視点で見ると中華製にはいつも驚嘆せずにはいられない。
私は中華製の品質や流通などについてちょっと小馬鹿にするようなことをつい口にするが(もちろん親しみを込めて)、最近ではGN倶楽部サイトには韓国など海外からの入会や閲覧が増えてきている。
向こうの人はそれを冗談と解釈するのは難しいかもしれないので、そういった発言は今後気をつけたいと思う。

道の駅下仁田

途中7-11でryuさんと合流しながら集合場所の道の駅下仁田に着く。

すでに聞屋のまさ隊長とやっしーさんが待っていた。お見送りにキリさんも来てくれる。
点火プラグのトラブルで遅れてへんなおじさん、ひでじぃーさん、たかたかさん、マダオさんが到着し、これくらいの人数が集まってくると話が止まらなくなるが時間が押してるのでほどなくして強制出発。

雨はもう霧雨のようになっていたがなかなか止まない。
ヘルメットのシールドには撥水剤、内側には曇り止めを塗り込み万全を期したにもかかわらず視界が悪くて走るのに苦労した。

佐久市に入るころ、ようやく雨がやみ、どらちゃんも4輪で合流する。
路面も乾いてきてペースを上げられるようになってきた。

美ヶ原高原美術館と霧ケ峰

佐久市からビーナスラインに入る。
美ヶ原高原美術館、霧ケ峰、諏訪湖までワインディングが続く楽しい道だ。
「自分のペースで行ってください」と言い残し、まさ隊長やひで副長たちは消えていった。

言い訳するわけではないが海に近い九十九里平野に住んでいると峠道なんてまったく皆無なわけでコーナーとはつまり交差点のことを指し、荷物は満載だし、路面ときどき濡れてるし落ち葉あるしで・・
まぁ大変だった(笑)

takatakagn

なんとか美ヶ原高原美術館に着いたが、そこは霧の中で景色はサッパリだった。

予定ではここで昼食だったが、Yoizさんが次の霧ケ峰にすでに到着してるとのことで出発

ガラガラの霧ケ峰の食堂。3連休というのにあいにくの天気のせいだ。

キャンピングフィールド木曽古道

霧ケ峰からは一気に今夜の宿泊地、長野県木曽町のキャンピングフィールド木曽古道へ。
テントを設置して買い出しなどバタバタしながらも、GTさん一家・ともぞうさん東海メンバーやイザナギさんシュガーさんまぁーさんと合流し前夜祭を楽しむ。

ryu☆@

続く。

GN倶楽部第3回全国ミーティングに行く

今回のミーティングは5月18日(土)に長野県木曽福島にある「道の駅三岳」で行われることになった。当初の計画では前日の17日(金)に出発してミーティングに参加したあとさらに日本海方面を放浪し5日間の計画だったが日曜から天気が崩れるようなので断念し、17・18・19日と3日間の旅となった。
千葉から長野までは約300kmの行程だがGN125はご存知のように全て一般道での走行なので移動だけで12時間以上必要である。

往路は同じ千葉県のまぁーさんが同行してくれることになり、長い道のりも楽しいものとなった。
まぁーさんはイケメン揃いのGN倶楽部の中でも群を抜いており、せっかく一緒に行けることになったのだから出来るだけ記事を爽やかに書いてみたい。(長文です)

17日(金)往路

朝6時、エンジン始動。小気味よいエンジン音がトットット・・・と朝のひんやりした空気を震わせていく。
ヘルメットを被り颯爽とGNにまたがる・・・のはちょっと一苦労だった。

キャンプで3泊以上するつもりだったから大きな鞄をリヤシートにくくりつけ、空いてるサイドスペースにもいくつも鞄をぶら下げてみたりしている。手押しでGNを動かすとその重量でリヤタイヤがギュウギュウと音が鳴った。
まるで日本一周するかの如くの積載量だが道行く人から見ればそれが旅行者だとひと目で分かるのか、色々な人達に「どこから来たの?」と声を掛けられたり手を振ってくれたり・・・旅の道中では大いに気分を盛り上げてくれることになった。

さあ、いよいよ出発。今やツーリング専用マシンとなってしまったこのGN125に乗るのは玉村キャンプ以来だから2ヶ月ぶりだ。この軽快な走り、マフラーから奏でる心地良いサウンドで胸が踊る。

朝7時、待ち合わせした国道16号沿いのコンビニにちょっと遅れて到着すると、すでにまぁーさんは笑顔で待っていてくれた。彼のバイクは青いGN125H。ホテルで1泊しかしないという彼の荷物はなんてシンプルなんだ。

まぁーさんと俺のGN125H
まぁーさんとオレのGN125H

“GN倶楽部第3回全国ミーティングに行く” の続きを読む

ツーリング in パリ

パリ・凱旋門

パリ・凱旋門

今日はとても天気がいいですね!
こんな日はGNでツーリングに行きましょう~

あまりに気持ちいいのでつい遠くまで来てしまいました。
帰るのが大変です・・・(≧▽≦)