ステムベアリングの交換

新車購入して6年が経ち、距離数は1万5千ほどだが、ハンドルに異変が生じてきた。
ハンドルがある角度を通過するときに引っかかりというか、二つ折り携帯電話で開いた時にカチッてなるような感覚がある。

これはステムベアリングという部品のボールがレースという部品の接触箇所を窪ませてしまうことで起こるらしい。

オーナーズマニュアルによると、2年毎あるいは2万km毎にグリスを塗布しろとあるがまったくやっていませんでした、ごめんなさい。
こういう症状が出てしまうともう交換するしかないらしい。

レースの交換はパパは自転車でしかやったことがないので途方に暮れてたが、(バイク屋行けよって)、GN倶楽部のメンバーのご厚意で部品の調達から交換作業まですべて面倒みて頂きました。
自分でしたのは「ハンドルがスムーズに動かないよう(つд⊂)エーン」と嘆いただけ。
仲間は本当にプライスレス。

これは皆さんのご協力によって見事にこの問題を解決した記録である。

今回協力してくださった方たち

“ステムベアリングの交換” の続きを読む