テール周りのパーツ交換

GN125H テール周りパーツの変更

ノーマルもいい感じだが、GNを買ったのはストリート風に憧れてのことだからリア周りをすっきりさせてみたくなってブレーキランプとリアウインカーとリヤキャリア(グラブバー)を交換してみた。

サドルバッグの取り付けるために強度の弱そうなナンバープレートねじにリアウィンカーを取り付けなければならなくなったからであるが、バランスを考えてテールランプも小さくしようと思ったのである。

GN125H テール周りパーツの変更

“テール周りのパーツ交換” の続きを読む

リアスプロケ交換、フロントスプロケとの比較レビュー

リアスプロケット

先月フロントスプロケットを1丁上げてみたが結局自分好みのフィーリングが得られずちょっと不満だった。

そこでフロントスプロケはノーマルの14Tに戻し、リアスプロケットの42Tを注文して取り付けてみた。これで日本仕様のGN125Eと同じである。

品番はcervo氏に教わっていたGN125E用[64511-12B02]  (NT:42)をWebikeiconの純正部品で注文。

まず会員登録し、サイト内のパーツリスト等で部品番号を探し、その番号で見積りフォーム、返信のメールから注文画面へという手順を踏むが、5,000円以上で送料無料になるので非常に便利だ。

バイク屋によっては部品を注文しても部品配送料とかいう名目で送料を上乗せする。これではわざわざ受け取りに出向いているっていうのに馬鹿らしいので、パパはいつもWebikeiconを利用する。

このときはちょうどスズキ部品は10%引きのキャンペーンで4,238円だった。ちなみにフロントスプロケット14Tは2,243円。

(パーツリストはリンク集にもあります。)

リアスプロケット

“リアスプロケ交換、フロントスプロケとの比較レビュー” の続きを読む

ビキニカウルの装着

GN125にビキニカウルとリアボックス装着

なんか急激に寒くなってきた。

これは防寒対策をとらねば乗らなくなってしまうと思い、風防を探してみた。

ざっと探したらこのビキニカウルがヤフオクのビキニカウルがめちゃくちゃ安くて450円。値段の付け間違いなのか撒き餌商品だったのかよく分からないが現在は値上げしているようだ。

ビキニカウル

“ビキニカウルの装着” の続きを読む

フロントスプロケ交換後レビュー

ノーマル状態のGN125Hというのはギヤ比が低すぎて発進時にすぐ吹け上がってしまい、すぐにシフトアップしていかないと交通の流れにのれず、これがスクーターより遅いといわれる以遠である。ちなみに日本国内仕様のGN125Eはギア比が高い。

フロントスプロケットの交換

まず標準的なスプロケットの歯数を確認してみよう。
GN125EとGN125Hの違いをみると、リアのスプロケットが1つ多い。

GN125E(日本仕様) フロント14T、リア42T
GN125H(中国仕様) フロント14T、リア43T

ギア比をあげるためにはフロントの歯数を増やすかリアの歯数を減らすということになる。
今回は手軽に安価で入手できる巷のブロガー絶賛のフロントスプロケット、XAM C3302-15Tに交換してみた。

ノーマル状態のフロントスプロケ14Tから15Tに変更しても、チェーンの張りだけ調整するだけでその他は一切交換する必要はなかった。Fスプロケ

上の写真はすでにナットを外してあるが、回り止めのワッシャをマイナスドライバーを当てながらハンマーで叩いて平らにならした。

そしてこのナットを外すには27ミリソケットレンチが必要で、一般工具セットに無いのでわざわざソケットを単品購入した。トルクも結構必要なので車用のホイール交換するときにつかう長いアームのトルクレンチを使った。

インパクトレンチがあればいいのだろうが、普通に回すと軸が回転して緩められないのでリアブレーキを掛けながら緩めるというアクロバットな作業が必要だ。

交換後の走った感想

メリット
トップギヤの5速はオーバードライブという感じになり燃費を気にする人はいいのかも。クルージング時の回転数が下がり振動が少なくなるのが快適。1速で発進した後、さらにけっこう引っ張れるのがなんか嬉しい。

デメリット
ラフにクラッチをつなぐとエンストするので気を使う。特に初心者のママはエンストしまくりだし、ベテランでも長距離ツーで疲れてくるとちょっと嫌になってくる。発進時の半クラッチが長くなるからクラッチ摩耗が心配。

一人乗りで平地発進が多い人向けかな。パパは二人乗りも良くするし、さらに坂道発進まで考えるとちょっときつい設定だ。
・・・この中間くらいのギア比なら使いやすそうだナ。

日本仕様のGN125Eはフロントは14Tのままでリアのスプロケが上がっているようなのでちょうどよさそうだ。今度125E仕様のリアスプロケを入手して交換してみたいと思う。

まあ人によって走り方違うからあくまでパパの使用感ってことでよろしくお願いします。

(2010年11月8日追記)

フロントスプロケットはノーマルに戻し、42Tへ1つ減らしたリアスプロケットに交換しました。これだと日本生産のGN125E仕様と同じになりました。

ヘッドライトバルブの交換

GN125Hヘッドライトバルブの交換

GN125Hのヘッドライトはものすごく暗い・・。
明るい都会ならともかく街灯のない田舎だと危険すら感じる。

GNを買って、恐らく最も先に対策を打ちたいチューン、噂のバルブM&Hマツシマ H4BS 12v 35/35Wに交換をしてみた。

M&Hマツシマ H4BS 12v 35/35W   

バルブの交換

まず、プラスドライバーで下の2箇所のネジを外す。

GN125ヘッドライトバルブの交換、ねじ外し

ネジを外すとライトのレンズが外れる。メインバルブとポジションバルブの2つの線が繋がっている。

GN125ヘッドライトバルブの交換、レンズはずし

ポジションランプは差し込んであるだけなのでそのまま抜く。

GN125ヘッドライトバルブの交換、ポジションはずし

メインバルブの留め金を外すとケースからバルブを抜くことが出来る。

GN125Hヘッドライトバルブの交換

M&Hマツシマ H4BS 12v 35/35W(左)と純正バルブ(右)の比較。

M&Hマツシマ H4BS 12v 35/35Wと純正バルブ

効果

照らしてみるとオレンジだった光が白くなった!
まぁ、確かに明るくなったような気がする・・というレベルだがこれならまだ夜に走ってもいいかなと思える。
市街地なら十分だろう。ただ、うちはハイビームをよく使うような田舎だ・・(;^ω^)

簡単に交換できるので、とりあえずGNを買ったらまずやりたいカスタムなのでは。

初走行に感動する

いよいよ初走行に出る。ルートは近所をひと回りだ。
それにしてもとにかく真夏なので暑い。
日が傾きかけてきたのを見計らってようやく、我がGN125Hで初めての走行に出発する。

とりあえず近くの公園に行ってみる。
まだ日差しが強い。ひまわりが元気がいい。

マニュアルによると慣らし走行は最初の800kmまで5000回転に抑えろとあったのでがんばってタコメーターを見ながら厳守した(^-^;
それでも下道なら制限速度までスピードを上げられるので何とかなりそうだ。

まだ西日がきつくて暑くて死にそうだ。
走り出してまだ20分足らずで思わず木陰になる小路に入り込む。

エンジンアイドリングのトットットという振動が心地よい。
発進時はトルクがかかってそれがドッドッと力強くなる。
大きいバイクに比べればそりゃあ非力なんだけど、それより一回り小さい車体と軽さに対してのこの鼓動感にはまた違った感動がある。


いつの間にか成田空港まで来てしまった。お気に入りの場所である。

GN125Hを停め、ぼーっと眺めながら悦に浸る。

昔ながらのネイキッドデザインでレトロなオートバイ。
でもネジ1本に至るまでピカピカである。
安物だとか原付だとか何言われようがとにかく新車はいい。

その後100kmほど走って燃費を計算すると驚愕の50km/lをマークした!
このバイクの楽しみは経済性もあるからこれはうれしい(・∀・)

納車!乗り出し前にすぐマフラーの防錆剤塗布

パパは千葉県民であるのだが、色が赤のGN125Hの在庫をGooBike(グーバイク)でチェックし、さらにメールでアポとって飛び込んだのがSOX柏店であった。もともと洋服屋の店舗を改装したという店の中は広くエアコンも効いて、バイクがずらりと100台以上展示してあった。スタッフも気さくでこちらが頭を下げたくなるような親切な対応で、あのバイク屋特有の近寄りがたい雰囲気は全くなかった。

この時初めてGN125Hを確認させてもらったが、ほぼ即決。すぐ納車前整備をしてもらって乗ってきたハイエースを積んで家に持ち帰った。
登録は自分で簡単に出来るし、125cc購入は気軽な買い物な感じ :mrgreen:

で、さっそく乗り出したいところだがマフラーが錆びやすいという情報はあちらこちらで目にしていて、実際マニュアルにマフラーのメンテナンス方法まで書かれているのでしっかり新車乗車前にやっておいた。

 

“納車!乗り出し前にすぐマフラーの防錆剤塗布” の続きを読む