GN125Hとは

1982~1999年に生産されたスズキGN125というバイクを中国のバイク製造会社「大長江集団」が、引き継ぐかたちでOEM生産し現在でも新車として販売している。

ただし、日本では輸入車になるので必ずしもスズキ正規店で購入できるわけではなく、むしろ取り扱いしている販売店は非常に少ない。

探すならとりあえずGoobikeで探すといいだろう。
また、自分で整備するのが好きな人はヤフオクで中古をチェックするのも一つの手だ。

GN125のデザインは一昔前のシンプルなシングルバイク系。レトロな感じがたまらない。兄弟車にネイキッドスポーツ系のEN125やアメリカンを強調したGZ125HSというのもあり、こちらも同様に輸入車として購入することができる。

GN125Hの品質

国産に比べて一番心配になるのはやはり品質であろう。安くてもすぐ壊れてしまっては元も子もない。スズキブランドを付けてはいるが、なにかほとんど現地お任せみたいな雰囲気がある。実際新車を買ったばかりのパパもこれだけは運だと思っていて、費用対効果を考えつつ数年遊べればいいやみたいな遊び感覚で購入に踏み切った。心配なら探すとオーナーズブログが見つかるのでチェックしたりコメントで聞いてみたらどうだろう・・・。

で、実物を見ると粗悪品という印象は受けなかった。まあ廉価品だなという程度 :mrgreen:。この感覚は人によるからこれだけは自分の目で確かめたほうがいい。ただ、やはり心配なのは部品精度や耐久性である。何だがあちらさんの感覚は品質よりも生産性を重視する傾向にあるので多少の寸法精度がバラついていても気にしてはいないだろう。となると個体差というか当たり外れがあるのは覚悟する必要はある。

日本車なんかは精度が上がって慣らし不要とまで言われているが、このGN125Hはまずマニュアルからして「製品を長く使っていく上で最初の慣らしはとても重要だ」みたいな事が最初に書かれている。最初の800kmまでは5,000回転、800km~1600kmまでは7500回転、それ以降はレッドの10,000回転まで回していいとか慣らし運転の方法まで細かく記載してあるのは読んでちょっと驚いたが、この正直なところがとても気に入って、きっちり慣らし運転して可愛がってやろうと決心させられた 😉

GN125Hの費用

GN125Hの特筆すべきは新車価格にあり、税込11.9万円から。ちょっと性能のいい50ccのスクーターよりも安い。

パパは車両13.5万円で買ったがこれに加えて諸費用の自賠責保険5年で1.4万円、書類や新車整備で2.5万円で総額17.5万円(購入当時)だった。

いまさらだがなぜ125cc?と聞かれるときがある。免許のことは置いといて、車検が無いのは分かるが高速道路が乗れる250ccのほうがいいではないか?

これには任意保険が関わってくる。自動車保険に加入しているならファミリーバイク特約が使えるという点だ。125ccまでなら何台でも適用されるので、すでに原付を持っていて加入しているのならただみたいなものである。そのせいでパパもいつの間にか原付を3台所有するまでになってしまった。
そして年齢制限がないので若い人ほどその恩恵が大きくなる。子供が16歳でバイクに乗りたいと言われて任意保険を見積もったらとんでもない値段でびっくりしてしまう。

さらに、有料道路でも軽車両(原付や自転車)が通れる場合は通行料は激安で普通自動車の10分の1なのである。(例:富士スバルライン

パワーが無い反面、燃費はレギュラーガソリン1リットルあたり40~50km走るのでプリウス(25km/l)を軽く超えている。タンクには10リットル入るので大体300kmが給油の目安だ。エンジンオイルは1リットル未満で頻繁に交換してもたかが知れている。

ただし、もししばらくしたら売却することを視野に入れているなら購入は考えなおしたほうがいい。このバイクの下取りは非常に安いようだ。購入したなら廃車まで乗り潰す気持ちで可愛がっていかないと、いくら新車価格が安くても元が採れないかもしれない。売ることを考えているならカブを買ったほうが得策だ。

GH125Hのカスタム・メンテナンス

GN125Hは日本正規車ではないので、買った店以外のバイク屋に持ち込む場合は修理やメンテナンスを嫌がるかもしれない。
このオートバイは基本的に自分で整備を行うのが好きな人向けのバイクなのだ。しかし車重が軽くて構造が簡単なGN125はこれからセルフメンテナンスを覚えたいと考えている人には最も適したバイクだと言えるだろう。

バイクメンテナンス部品は一応スズキ純正のGN125Eのものがほとんど使用できる(ブレーキシューなど仕様変更されていて使えないものもある)。
生産国の中国ではメジャーバイクなので、中国のタオバオで購入すれば専用・汎用カスタムパーツも含め驚くほど安く購入でき、結構これにハマる人も多い。(日本で買うなら代理購入業者を使います)
アジアンテイストのGNを見かけたら、その持ち主がハマっている人だ。

GH125Hのマフラー音

ノーマルでもGN125Hのマフラー音は結構良い。サウンドと言ってもいい位だ。

さすがに40~50km/hくらいで流していると風切り音やエンジン音のほうが大きくてマフラー音というのは聞こえにくいが、加速時や登坂などでトルクが掛かるときにはドドドド・・・と響きわたるし、シフトアップの際のブロロン・・というのも軽快だし、2・30km/h位で風景の撮影ポイントを探しているときなんかは心地よいトットットット・・の音にはちょっと酔いしれてくる 😎

GH125の走行性能

125ccクラスとしてはフルサイズとも言える大きな車体は長距離ツーリングも得意だ。幹線道路でスピードを出しても安定感があり、非常に疲れにくい。1日300kmツーリングを連日こなせてしまうのには軽く驚けるだろう。
ただしGN125は基本的にスピードを求めるバイクではない。発進~30km/hにはシングルのドコドコ感なる振動がかすかではあるが味わえてなかなか味わい深い。逆に法定速度50~60km/hを超えだすとその振動で手がしびれてきたりするのでので、飛ばす人はバランサーつきのYBRやもっと上の排気量のマルチを買ったほうがいいのかもしれない。

あと、峠のワインディングでは上りはさすがに非力で家族連れファミリーカーとなら一緒に登っていけるが、スポーツカーについて行くのはかなり無理がある。
しかし下りはニーグリップ出来るのでブレーキングも安心して行え、車重の軽さもあってかなりのハイスピードで攻めていくことが出来るはずだ。

とにかくちょうどいいのが125cc

人は何か制限されるとその中でやりくりして楽しもうとする。制限されすぎてもまた窮屈なのだが、125ccのジャンルは経済的負担が少ないくせにけっこうバイクを楽しめるちょうどいいサイズ。下道を1人乗りで走ることが多いのなら(いや2ケツでもけっこういけるが)もう十分なスペックなのである。

パパのようなエンジニアかぶれの人間はとにかくコストパフォーマンスという言葉が大好きだ。工学的な考え方にVE(バリューエンジニアリング:価値工学)というのがあって、これはV(価値)=F(機能)/C(コスト)という基本式で数値化して比較検討する手法だ。

数あるバイクの中でGN125HはこのV(価値)が他の高級バイクに比べても決して引けをとらず、いい数値をマークしている。(ただしF(機能)の重み付けはパパの主観であるけどね :mrgreen:)

パパも含め、多くの人が「他に大きいの持ってるけど乗るのはこればっかりだね」ってよく言うんですよ 😉

フォトギャラリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする