パパは一眼レフカメラ好き

仲間とツーリングに行くときには、出来るだけ一眼レフカメラを持っていくようにしている。せっかくのイベントなのだから多少かさばり重くなっても、出来るだけいい写真を提供してあげたくなるものだ。

画質的には最近のスマホやコンパクトカメラは目を見張るほどの高画質になってきており、一眼で撮ったものよりぜんぜんいい写真なときもある(笑)

ただ、一眼レフのほうが撮る時のレスポンスが非常に優れているので、とりあえず沢山のシーンの写真を撮っていれば確率的にいい写真が得られるであろうと思っているわけだ。

例えばコンパクトはマメに電源オン・オフしないとバッテリーが持たないからまず電源を入れて、次は電動ズームでジーコジーコして見にくい液晶画面を見ながらピントを合わせて・・なんてことをしている間に、一眼なら電源は入れっぱなしだからファインダーを覗いた瞬間に手動ズームで構図を決めて即シャッターとなり、3枚4枚と撮れていけるわけである。

じっくり撮影に使える時間がたくさんあるならいいのだが、仲間とツーリングとかになると撮影にかけられる時間というのは本当に少ないもので、とにかくスナップを出来るだけたくさん撮り、その中からいい写真を選ぶというようなことをしないと間に合わないわけである。

パパのように写真センスがない場合は特にね(笑)

集合写真は三脚が必要

集合写真なんか1日に何枚かしか撮らないものだが、とにかく時間のない中でパッとそれをやるには三脚をすぐに出したり仕舞ったりすることが必要になってくる。

コンパクトカメラ用の三脚ならポケットに入るほど小さくて済むのだが、大きくて重い一眼レフカメラを支える三脚となると長さ40~50センチ、重さ1kg以上するコレまた大きくてかさばる三脚を使用しないとならない。

今までリヤボックスに入れていたりしたのだが、これが本当に邪魔で・・(笑)

次のツーリングが楽しみである。

ついでにもう片方のサドルバッグのベルトを新調した

投稿者: Dパパ

千葉県在住、小学生と中学生の娘を持つ父、1969年生まれ。 現在の所有バイク:スズキイントルーダー(VS400)、スズキGN125H、ヤマハジョグ(SA36J)、ヤマハタウンメイト80(T80D 2MK)、ヤマハタウンメイト50(T50ED)

ディスカッションに参加

6件のコメント

    1. そうですよね、やっぱりタダってわけにはいかないですよね・・

  1. 今晩はDパパ様

    サドルバックって見る分には格好良いなって思うんですが、いざ自分用のには?って思うと何を入れたら良いのか?
    考えてしまって二の足を踏んでます。
    センスが問われると思うので・・・

    自分的には、リアキャリアに大型のボックスの方が性に合ってるみたいです。

    1. 大容量リアボックスよく使いますよ。大変便利ですよね。
      けど日帰りプチツー程度で荷物が無ければ外します。
      何故かと言いますと、、

      超ナルシストなので自分の背中や腰のシルエットを後ろの人に見せたいからです!
      なーんちゃって(笑)

  2. ですよねえ~
    持って行く量によって大げさになって仕舞いますもんねえ~
    何せ大型のボックスは郵便屋さんの旧型のボックスを黒に塗った物なので、無駄に大きいです。

    それを使い回しの効くタイラップで止めたりしてます。
    CD90用に通してますが、GN君にそのまま対応するのか?
    全くの不明です。
    自分の愛車アップしたいですけど、デジカメが・・・

    1. 郵便屋さんボックスとはすごいですね、キャンプツーリングに重宝しそうです。
      ロングツーリング行くとよく雨にやられますからね・・・

      ツーリング行くと、デジカメ使っている方は半数以下ですよ、みなさんスマホのカメラです(^-^)

コメントを残す

たかたか にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください