点火プラグの交換

オーナーズマニュアルによると点火装置は4000km毎または20ヶ月毎とあるにも関わらず、10000kmちょっとだが6年も放置していたので交換する。

ここでオーナーズマニュアル抜粋。点火プラグ適応表

NGK NHSP LD
CR7E B7RC 標準プラグでくすぶるとき使用する
CR8E B8RC 標準
CR9E B9RC 標準プラグで焼ける時に使用する

CAUTION:

  1. 締め付け過ぎたり斜めに締めた点火プラグを使用するとシリンダーヘッドのネジ山に損傷を与えます。点火プラグを外す時、プラグの穴からシリンダーへはホコリが入らないよう防いで下さい。
  2. SUZUKI GN125の標準スパークプラグは入念に選ばれ、最も稼動範囲に合わせることが出来ます。もし使用スパークプラグの色が適正のプラグの色と違っていたならば、他の違う熱価の新しいプラグを使用する前にスズキディーラーに相談して下さい。不適切な点火プラグはエンジンに著しい損傷を与える原因になるかもしれません。
  3. 他のブランド(NGKとNHSP LDを除く)の選択は扱いが難しくなります。他のブランドを使用するならスズキディーラーに相談して下さい。

外したプラグはこんな感じだった。GN買ってすぐに交換したCR8EIX。

点火プラグ

これって白いんかな?でももう標準番号のプラグを買ってしまってた。値段も大差ないからイリジウムのまた同じ物。ちなみにこれは「ネジ型」と言ってターミナルナットがついていなかったので前のものを外して付けた。もしこれ見て注文するときは、いま付いてるプラグからターミナルが外せるか確認したほうがいいかもしれない。外せないものならターミナル付きのプラグを買うか、別途購入してください。

締め付け角度とかは箱に書いてあるので、手で締めていって止まったら車載工具のプラグレンチで1/2回転締め付ける。

CR8EIX

CR8EIX

交換も無事終わり、エンジンをかけると力強い鼓動が鳴り響いた。
これからはせめて2年毎に取り替えたいものですね 😉